ながーーーーーーい材料!パート2

2014年10月23日

こんにちは!徳永です!

今回は、前回に引き続き「ながーーーい材料」についてのお話になります!

これまでの話では材料が規格品としては通常ない長さを説明させていただきましたが、なぜそんな長いものを使うのかと言うところの説明になりますemo_shine

今回は文章ばかりになりますので辛いかとは思いますが、よろしくお願いします!笑

長い材料を使う理由としては大きく言いますと

 

 

継ぎ手が減ります!!

 

材料と材料を加工により継ぎ合わす所を「継ぎ手」と言うのですが、これが減りますと

強度があがります!!!!

どうしても継ぎ手の付近には重さを持たせにくく、かけにくくなります。その継ぎ手が減るのですから強度も出しやすくなりますarrows_up

 

でも、規格外な長さの材料なんてコストかかるんじゃないのemo_sign02emo_sweat01

と思ってる方もおられるのではないのでしょうか?

 

それが継ぎ手が減ると言うことは重なる部分が減るので材料の使用した量としては変わらないどころか減りますemo_sign01

さらに!継ぎ手が減っているというのは複雑な手間のかかる加工が減ることなので大工さんの手間のコストも減ってくるのですemo_sign03

となるとお客様の負担的には変わらないくらいになりますemo_shine

 

そして、ここからが個人的には一番「お気に入り」なのですが

自然快適グループでは大きな材料を見せる仕上げを得意としています!

その見せる部材に継ぎ手が見えないというのは

美しい!!!!!

のです!

 

コストも変わらず

美しく強い!!

 

どうですか??ながーーーーーーい材料が好きになりませんか?笑

文章ではイメージしにくいかもしれませんので、ながーーーーーーい材料が家の一部としてハマり完成していくまで追いかけて行きたいとおもいますので、これから先の時々よろしくお願いします!face_Happy3

 

コメント(0)

■コメントする

月別アーカイブ

PAGE TOP