自然素材にこだわった快適な家づくりを「自然快適グループ」がご提案いたします<新築一戸建て・注文住宅>

コンセプト

トップページ > コンセプト > 「自然」へのこだわり

「自然」へのこだわり

「自然」の中につつまれると、
失いかけていたものを想い出す...。

何でも既製品で、組み立てるだけの、ハウスメーカーが建てやすい家は、コマーシャルによってあっという間に普及し、日本全国同じような家になってしまいました。

工業製品として大量生産されるようになった様々な建築部材は、均一に仕上がりますが、石油化学製品や薬品も多く使われるようになり、人間の身体に影響をあたえるまでになっています。

ならばそれを排除するためにこの機械を着けましょう。...この薬を使いましょう。...この製品を使いましょう。...と次々と出てくるものを重ねていく方法で、私たちは何かを忘れてきているような気がします。
文明が発達した現代社会の暮らしから、昔の暮らしにもどる事はできませんが、私たちはもう少し、自然と仲良くする事を考えるべき時に来ているのではないでしょうか。

「木」と土と火と水と鉱物と太陽と月と

一週間の名前は、身近な自然界からつけられたものですね。特に「木」は、森林資源の豊富な日本では昔から建築材料として使われてきました。
しかし、外国からの安い木材が使われるようになったため、それまで地域で木を育ててきた林業家や、手きざみの伝統技術を持つ職人も少なくなってきています。

でも今、宮崎県北部の山には、立派な木が育っています。身近な所にこんな素晴らしい材料があるのに、使わないのはもったいない話です。
自然快適グループでは、機械乾燥ではなく自然乾燥で、木材が本来持っているしなやかさ、強さ、美しさを活かします。

木の性質を熟知しているので、「これは家具に、こっちは構造材に、これは建具にしよう。」と文字通り、適材適所に使うことが可能です。プレカットではないので、自由に長い材料にする事もできます。
自然からいただく恵みですから、その良さを最大限活かして感謝したいと思います。

自然のイメージ

本当は、こんな家が欲しかったんだ。

木の他にも、ずっと住み続ける家の中には、環境に優しい自然素材を使いたいと思います。
漆喰や珪藻土、自然塗料、断熱材他様々な材料です。もちろん今までの建築技術の進化でできた工業製品も優れたものがありますので、構造上必要なものは使いますが、できるだけ厳選して安心して長く住める家をつくります。

自然のものは、ゆっくり変化します。化学製品が劣化するのとは全く違います。それがまた空間に深みをあたえ、味わいとなり、家族の歴史となるのです。

「本物の家の良さを知ってほしい。そして山も街も海も生き生きと循環する社会を未来に残したい。」と私たちは願っています。
深呼吸でき、心癒される空間を、じっくり構想して家づくりを検討されたら、きっと満足でき、心安らぐ暮らしからは元気な笑顔が生まれてくると思います。

心やすらぐ家のイメージ

職人の声

「適材適木」。木の個性・木の本来持っているものを活かしてこそ価値がある。

自然のイメージ

製材所を長くしていると、木と話ができるようになります。

この木はどんなところにたっていたのか?
林の中央付近か、または端っこか?
谷際なのか山の頂上付近なのか?
風のよく吹くところか吹かないところか?
土地は肥えているのか痩せているのか?

などなど、品種以外にもこんなことを代表的に考えます。

それぞれ育っていた木にも、真っ直ぐなもの・ちょっと曲がったもの・ねじれているものなど、木は一本一本同じものがなく個性にあふれています。

家に使われる木は、それぞれの個性を活かしながら使わなくては、良い家はできません。真っ直ぐな木は柱、曲がった木は梁(はり)、曲がる方向によっては、桁(けた)や胴差しなどに。

また節の出方を考え、少しでも価値のある挽き方をするには「製材の技術」がまず必要不可欠です。

また、曲がった木を真っ直ぐにしても必ず元のように曲がってきます。家を建てたあとで曲がったりしたら、扉が開かない等不具合が必ず出てきます。

私には先代から言われた言葉に「適材適木」というものがあります。 「適材適所」のただの言い回しでしょうが、個性を活かして使われてこそ素材が活き、本来持っているものを活かしてやってこそ価値があるのだと信じています。

人も木も一緒だと教えられ30年以上製材をしてきましたが、まだまだ修行途中です。 家や木についてお客様と話しながら、納得できるものを作っていきたいと考えております。

三徳
徳永貞長


PAGE
TOP